2010年10月19日

どこまで癒しを求めるのか。。。

サイバーアイテムに囲まれていると、
「極端にマイナスイオン不足」に見舞われるexclamation×2exclamation×2

ということで、屋台の金魚すくいでゲットした金魚に
「癒し」と「マイナスイオン」を求めて育成中なのですがわーい(嬉しい顔)

先日近所の秋の祭りがあって、またもやゲットグッド(上向き矢印)

で、

サイバーアイテムのブログですが、時折金魚ネタも掲載るんるん


金魚って、熱帯魚と違って育てるのが簡単らしい手(チョキ)

一番最初に掲載した記事の通り、私は当初虫かごに入れてました。


↓こんなカンジぴかぴか(新しい)
kingyo_001.jpg

ただ、あまりにもかわいそうになったので
(ホントは水換えが面倒になっただけですが)

現在はこんなカンジひらめき
kingyo_medaka_001.jpg


屋台で(縁日で)急きょ、不測の事態で金魚すくいをやることになってしまい、
金魚が自宅にやってきた場合


どうすればいいか。。。。。



水道水を入れたら、しばらくしてすべてがお亡くなりになるそうです。



なので、せっかくの命を大切にするために小技を。。。。



カルキ抜きをした水というのを聞いたことがあるかと思いますが、
風呂桶に水をくんで一日おいておけばカルキの抜けた水になります。

でも、急きょ金魚がやってきたら、そんな1日も待っていられません。

てなわけで、1リットルあたり5〜6枚のティッシュを用意して、
5分ぐらいぐるぐるかき混ぜてください。

するとティッシュがカルキを吸い上げて、カルキなしの水が出来上がりまするんるん


あとは金魚の入った袋ごとその中に漬け込んで、10分ほど待ち、
それから5分ほどしたら5分の1くらいその水を袋の中に足して、
さらに5分後、また水を足して、また5分後、水を足して、
金魚があやしい動きなどしないようであれば、
手で金魚だけをすくい上げて、カルキ抜きした水に移します。

金魚が入っていたビニールの袋の中の水は、
病気が入っているかもしれないので、すべて捨ててください
(カルキ抜きした水と混ぜないでください)


これで、いわゆる水合わせはひとまず終了です手(チョキ)

次はトリートメント水槽の作成を紹介したいと思います手(パー)





posted by らてらて。 at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | 金魚 〜時には癒しが必要〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。